FC2ブログ

1917 命をかけた伝令

1917

監督:サム・メンデス
出演:ジョージ・マッケイ、マーク・ストロング、コリン・ファース、
   リチャード・マッデン、ベネディクト・カンバーバッチ

『007 スカイフォール』のサム・メンデス監督作。
観に行きました。

<ストーリー>
第一次世界大戦中の1917年、フランス。
若きイギリス人兵のスコフィールドとブレイクは、
ドイツ軍の罠とは知らず作戦を展開する前線の部隊に、
作戦中止の伝令を届ける任務を上官から託される。
一刻の猶予もないなか、ブレイクの兄を含める仲間1600人の命を救うべく、
2人は駆けだすが、危険なドイツの占領地には数多くのトラップが仕掛けられていた。


<感想>
戦争映画って苦手なんですけど、これは素晴らしいです。
何と言っても、映像の緊張感がハンパないです。
コリン・ファースもベネディクト・カンバーバッチも見事な演技でした。

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

監督:ライアン・ジョンソン
出演:ダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンス、アナ・デ・アルマス、
   ジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、マイケル・シャノン

超豪華キャストによるミステリー。
観に行きました。

<ストーリー>
世界的に知られるミステリー作家ハーラン・スロンビーが、
自身の豪邸で行われた誕生日パーティーの翌日に遺体となって発見される。
匿名の依頼を受けた名探偵ブノワ・ブランは、
刑事と共に豪邸を訪れ、事件の捜査を開始。
前日のパーティーに参加していた家族全員が容疑者となり、事情聴取が進められていくが、
そこにはハーランが抱える莫大な資産を巡る複雑な人間関係があった。


<感想>
キャストが豪華で、観ていてワクワクしました。
こういう映画、大好きですね。続編もあるそうなので楽しみです。

第92回アカデミー賞発表

オスカー

第92回アカデミー賞が発表になりました。
主な受賞作と受賞者は以下の通り。


作品賞
『パラサイト 半地下の家族』

監督賞
ポン・ジュノ『パラサイト 半地下の家族』

主演男優賞
ホアキン・フェニックス『ジョーカー』

主演女優賞
レニー・ゼルウィガー『ジュディ 虹の彼方に』

助演男優賞
ブラッド・ピット『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

助演女優賞
ローラ・ダーン『マリッジ・ストーリー』


ふ〜ん、面白みのない結果でした。『パラサイト 半地下の家族』、観てません。

キャッツ

キャッツ

監督:トム・フーパー
出演:ジェームズ・コーデン、スティーヴン・マックレー、ジュディ・デンチ、
   フランチェスカ・ヘイワード、イアン・マッケラン、ジェニファー・ハドソン

大ヒットミュージカルの映画化。
観に行きました。

<ストーリー>
ロンドンの片隅にあるゴミ捨て場に迷い込んだ白猫ヴィクトリア。
若く臆病な彼女はそこで、人間に飼いならされることを拒み
自由に生きるジェリクルキャッツたちに出会う。
個性豊かな猫たちとの出会いを通して、自分らしい生き方を見つけようとするヴィクトリア。
そして満月が輝く夜、新しい人生を生きることを許されるたった一匹の猫を選ぶ、
一夜限りの舞踏会が開かれる。


<感想>
アメリカで酷評ですが、そんなに悪くないと思いました。ミュージカルのシーンは楽しいし。
ただ、猫があまりにも人間の顔をしているので、その辺りが好みが別れるところ。
傑作『ライオン・キング』であれだけのことが出来たんだから、
『キャッツ』でもフルCGで猫が創れたのではと思いました。

ジョジョ・ラビット

ジョジョ・ラビット

監督:タイカ・ワイティティ
出演:ローマン・グリフィス・デイヴィス、タイカ・ワイティティ、
   スカーレット・ヨハンソン、サム・ロックウェル、レベル・ウィルソン

今年のオスカーで作品賞と助演女優賞の候補になってます。
観に行きました。

<ストーリー>
第二次世界大戦下のドイツ。
心優しい10歳の少年ジョジョは、空想上の友だちのアドルフ・ヒトラーの助けを借りながら、
青少年集団ヒトラーユーゲントで立派な兵士になろうと奮闘していた。
しかし、ジョジョは訓練でウサギを殺すことができず、
教官から”ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名をつけられ、
仲間たちからもからかわれてしまう。
そんなある日、母親とふたりで暮らしていたジョジョは、
家の片隅に隠された小さな部屋で、ユダヤ人の少女がこっそりと匿われていることに気付く。
ジョジョの頼りとなるのは、ちょっぴり皮肉屋で口うるさいアドルフだけ。
臆病なジョジョの生活は一体どうなってしまうのか?


<感想>
第二次世界大戦下での、10歳の少年とユダヤ人少女の交流の物語。
ユーモアと笑いを絡めながら、爽やかな感動を呼びます。
スカーレット・ヨハンソンが殺されちゃうのは悲しかったです。
サム・ロックウェルがとてもいい味を出してました。

ジョジョ・ラビット

サントラを買いました。

第92回アカデミー賞ノミネート発表

第92回アカデミー賞のノミネートが発表になりました。
主な候補作と候補者は以下の通り。


作品賞
『フォードvsフェラーリ』
『アイリッシュマン』
『ジョジョ・ラビット』
『ジョーカー』
『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
『マリッジ・ストーリー』
『1917 命をかけた伝令』
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
『パラサイト 半地下の家族』


監督賞
マーティン・スコセッシ『アイリッシュマン』
トッド・フィリップス『ジョーカー』
サム・メンデス『1917 命をかけた伝令』
クエンティン・タランティーノ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
ポン・ジュノ『パラサイト 半地下の家族』


主演男優賞
アントニオ・バンデラス『Pain and Glory(原題)』
レオナルド・ディカプリオ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
アダム・ドライヴァー『マリッジ・ストーリー』
ホアキン・フェニックス『ジョーカー』
ジョナサン・プライス『2人のローマ教皇』


主演女優賞
シンシア・エリヴォ『ハリエット』
スカーレット・ヨハンソン『マリッジ・ストーリー』
シアーシャ・ローナン『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
シャーリーズ・セロン『スキャンダル』
レニー・ゼルウィガー『ジュディ 虹の彼方に』


助演男優賞
トム・ハンクス『A Beautiful Day in the Neighborhood(原題)』
アンソニー・ホプキンス『2人のローマ教皇』
アル・パチーノ『アイリッシュマン』
ジョー・ペシ『アイリッシュマン』
ブラッド・ピット『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』


助演女優賞
キャシー・ベイツ『リチャード・ジュエル』
ローラ・ダーン『マリッジ・ストーリー』
スカーレット・ヨハンソン『ジョジョ・ラビット』
フローレンス・ピュー『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
マーゴット・ロビー『スキャンダル』


う~ん、難しいですねぇ。スカーレット・ヨハンソンがダブルノミネート!
主演男優賞は是非、アダム・ドライヴァーにあげたいです。

マリッジ・ストーリー

マリッジ・ストーリー

監督:ノア・バームバック
出演:スカーレット・ヨハンソン、アダム・ドライヴァー、
   レイ・リオッタ、ローラ・ダーン、アラン・アルダ

Netflixで製作されたオリジナル映画。
映画館で上映されていたので観に行きました。

<ストーリー>
女優のニコールと、夫で監督兼脚本家のチャーリー。
すれ違いから結婚生活がうまくいかなくなった2人は、円満な協議離婚を望んでいた。
しかし、それまでお互いに溜め込んでいた相手への不満が噴出し、
離婚弁護士を雇って裁判で争うことになってしまう。
このまま決別するか、それとも新たな関係を構築するか、2人は選択を迫られる。


<感想>
主演の2人の見事な演技。
スカーレット・ヨハンソンはブラック・ウィドウの、
アダム・ドライヴァーはカイロ・レンのイメージを吹き飛ばしましたね。
ローラ・ダーンはこの作品でゴールデングローブ賞の助演女優賞を受賞しました。
2人には受賞は無理でも、是非オスカー候補になってほしいです。

第77回ゴールデングローブ賞発表

第77回ゴールデングローブ賞が発表になりました。
主な受賞作と受賞者は以下の通り。


作品賞(ドラマ部門)
『1917 命をかけた伝令』

作品賞(ミュージカル/コメディ部門)
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

監督賞
サム・メンデス『1917 命をかけた伝令』

主演男優賞(ドラマ部門)
ホアキン・フェニックス『ジョーカー』

主演女優賞(ドラマ部門)
レニー・ゼルウィガー『ジュディ 虹の彼方に』

主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)
タロン・エガートン『ロケットマン』

主演女優賞(ミュージカル/コメディ部門)
オークワフィナ『フェアウェル』

助演男優賞
ブラッド・ピット『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

助演女優賞
ローラ・ダーン『マリッジ・ストーリー』


タロン・エガートンが主演男優賞。おめでとう!

男はつらいよ お帰り 寅さん

男はつらいよ

監督:山田洋次
出演:渥美清、倍賞千恵子、吉岡秀隆、前田吟、後藤久美子、
   夏木マリ、浅丘ルリ子、美保純、佐藤蛾次郎

寅さん50作目の作品。
昨年観ようと思ってましたが、遅くなっちゃいました。

<ストーリー>
小説家になる夢が叶った満男は、亡くなった妻の七回忌の法要
で久しぶりに葛飾にある実家を訪れる。
親戚がかつて営んでいた団子屋「くるまや」はカフェに生まれ変わっていたが、
家族や親戚は昔と変わらず、満男は法事のあと、彼らとの会話に花を咲かせるなかで
伯父・寅次郎との日々を思い出す。
そんなある日、書店で新作のサイン会を行う満男の前に、初恋の相手イズミが姿を現す。


<感想>
やっぱり寅さんはいいなぁ、笑って泣けて。吉岡秀隆くんはいい役者になりましたね。
後藤久美子も昔は「このエピソードはいらない」と思ってましたが、
すっかり女優の顔になってました。もう一回、劇場で観たいかな。
ただサザンの桑田さんが主題歌を歌うのは、どうなの?って感じでした。

アベンジャーズ マーベルヒーロー超全集

アベンジャーズ マーベルヒーロー超全集

『アベンジャーズ マーベルヒーロー超全集』。買おうかな。
プロフィール

マサル

Author:マサル
Welcome to my blog!!

FC2カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プチ月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
このページのトップへ