FC2ブログ

この10曲 GOING UNDER GROUND

この10曲、今回はゴーイングです。


01. TWISTER
アルバム「おやすみモンスター」より
これ、カッコいいです。こういう曲大好き。
いい曲すぎて泣けてきちゃう。

02. ハートビート
アルバム「ハートビート」より
ゴーイングとの出会いの曲。本当にいいです。
何と言っても、素生くんの声がいいです。

03. ランブル
アルバム「ホーム」より
歌詞が切ないですね。

04. トワイライト
アルバム「ハートビート」より
サウンドの構成がすごくて、ちょっと圧巻です。

05. Soul Train
アルバム「Out Of Blue」より
このアルバムは、他にもいい曲がたくさんあります。

06. Wasted Summer
アルバム「真夏の目撃者」より
吉祥寺のインストア・イベントで聴いて、いいなと思いました。
CDで聴いたら、もっとよかったです。夏の切ない感じがよく出ていると思います。

07. TRAIN
アルバム「おやすみモンスター」より
疾走感がありながらポップ。いい曲です。

08. 胸いっぱい
アルバム「おやすみモンスター」より
間奏のギターがカッコいい。

09. ウォーターメロンシンフォニー
アルバム「ひとりぼっちになる日のために」より
ちょっとミスチルっぽい感じがいいですね。

10. ハミングライフ
アルバム「COMPLETE SINGLE COLLECTION 1998-2008」より
ほっこりする、とってもいい曲。J-WAVEの春のキャンペーン・ソングでした。


いやぁ、いい曲がありすぎて困りました。20位くらいまで選べそうです。

この10曲 鶴

この10曲、今回は鶴です。
いい曲がいっぱいあって、迷いました。


01. ローリングストーン
アルバム「ソウルのゆくえ」より
鶴の曲では、これが一番好き。元気が出ます。

02. ベリオライ
アルバム「浪漫CD」より
入手不可能と思われていた初期の名盤からランクインです。

03. ソウルメイト今夜
アルバム「SOULMATE」より
鶴のファンのことをソウルメイトと呼ぶのです。

04. 夏の魔物
アルバム「情熱CD」より
スピッツにも同じタイトルの曲がありますが。

05. アイタリナイ
アルバム「期待CD」より
ライブで聴くと、すごくいい曲です。

06. ハートの磁石
アルバム「ハートの磁石」より
ミニ・アルバムですが、もっと頑張ってフル・アルバムにしたらよかったのに。

07. Love&Soul
アルバム「Love&Soul」より
ミディアム・テンポなロックナンバーです。

08. 青い羽
アルバム「素敵CD」より
美しいメロディーラインとコーラスが印象的です。

09. 桜
アルバム「情熱CD」より
分厚いロックサウンドに繊細な歌詞。数ある桜ソングの中でも、出色の出来。

10. あめ曜日
アルバム「素敵CD」より
鶴らしくない?可愛い曲です。

この10曲 カサリンチュ

この10曲、今回はカサリンチュです。


01. New World
アルバム「カサリズム2」より
カサリンチュの曲では、これが一番好き。サイコー!

02. タイムカプセル
アルバム「カサリズム3」より
イントロからワクワクする感じです。いい曲。

03. この街に生まれて
アルバム「カサリズム」より
ラップっぽいところもあるけど、それでいてメロディアスな感じが好き。

04. new energy
アルバム「カサリズム3」より
メロディーが独特で新鮮です。

05. ハッピーエンド
アルバム「カサリズム3」より
サビの♪ハッピーエンド〜のところのメロディーが印象的。

06. Life is cannen!
アルバム「カサリズム2」より
wow、yeahのコーラスが素敵。オフコースっぽい感じ。

07. ジャンケンファイター
アルバム「カサリズム」より
♪ジャンケンファイター〜のコーラスがいいです。カッコいい。

08. 瞳をとじれば
アルバム「カサリズム」より
押尾コータローさんとのコラボ。前半のアンニュイな感じがいいです。

09. おばあちゃんのことが大好きな犬の話
ミニアルバム「たいせつなひと」より
歌詞がとってもいいです。泣ける歌。

10. トンネルぬければ
アルバム「カサリズム2」より
アルバムを締めくくるバラードです。


まだ聴き始めたばかりなので、しばらくすると順序が変わるかもしれません。

この10曲 山崎まさよし

この10曲、今回は山崎まさよしです。
意外にも選んでなかったですね。


01. Heart of Winter
アルバム「IN MY HOUSE」より
一番好きなアルバムから選びました。冬にピッタリな曲。

02. Good morning
アルバム「STEREO 2」より
全て自分で演奏しているのがスゴいです。

03. アンドロイド
アルバム「LIFE」より
2016年の最新アルバムからランク・イン。こういう曲も大好き。

04. ぼくのオンリー ワン
アルバム「HOBO's MUSIC」より
まさやんには珍しいタイプの曲です。

05. Passage
アルバム「SHEEP」より
この曲を聴いてると旅に出たくなります。

06. Plastic Soul
アルバム「transition」より
カッコいい曲だよなぁ。

07. 妖精といた夏
アルバム「アレルギーの特効薬」より
夏の終わりに聴きたい曲です。

08. ツバメ
アルバム「STEREO」より
しっとりとした、いい曲です。

09. お家へ帰ろう
アルバム「OUT OF THE BLUE」より
シチューのCMソングでした。

10. 僕はここにいる
アルバム「ド ミ ノ」より
シングルにもなってますが、ミックスが違います。


他にもまだまだいい曲がいっぱいあるんですけど、こんな感じです。

この10曲 秦基博

この10曲、今回は秦基博くんです。
選ぶのに苦労しました。


01. Q & A
アルバム「青の光景」より
初めて聴いた時、スゴいって思いました。

02. Halation
アルバム「Documentary」より
イントロの爽快感が好き。

03. グッバイ・アイザック
アルバム「Signed POP」より
こういう曲調、好きです。

04. SEA
アルバム「Documentary」より
まさに海って感じの曲ですね。

05. ディープブルー
アルバム「青の光景」より
何とも神秘的な曲。早くライブで聴いてみたいです。

06. キミ、メグル、ボク
アルバム「ALRIGHT」より
ライブで盛り上がりそうな曲です。

07. シンクロ
アルバム「コントラスト」より
デビュー・シングルですね。カッコいいです。

08. フォーエバーソング
アルバム「ALRIGHT」より
爽やかな曲です。

09. 朝が来る前に
アルバム「Documentary」より
美しいバラードです。ライブで聴いてみたい。

10. ダイアローグ・モノローグ
アルバム「青の光景」より
サビの部分のメロディが好きです。


何だかシングルばかりになってしまいました。
アルバムとしては「Documentary」「青の光景」が好きかも。

この10曲 スピッツ

久々のこの10曲。今回はスピッツです。
いい曲がいっぱいありすぎて、選ぶのに苦労しました。


01. 夏が終わる
アルバム「Crispy!」より
スピッツの曲では、これが一番好き!
「横浜サンセット -劇場版-」で聴けて嬉しかったです。

02. 青い車
アルバム「空の飛び方」より
これも大好き。爽やかな曲。1位にしたいくらいですが。

03. 渚
アルバム「インディゴ地平線」より
これも「横浜サンセット -劇場版-」で聴いて、泣きました。
今のマサムネくんの声で聴くと、すごくいいです。

04. ハニーハニー
アルバム「惑星のかけら」より
♪ハニーハニー It's so brilliant!!のメロディがたまりません。

05. チェリー
アルバム「インディゴ地平線」より
大ヒット曲。これはハズせません。

06. さらさら
アルバム「小さな生き物」より
サビのメロディがとってもいいです。

07. 春の歌
アルバム「スーベニア」より
初めて聴いた時、シビれました。

08. サンシャイン
アルバム「空の飛び方」より
カラオケで歌うと、すごく難しそうなメロディ。

09. 歩き出せ、クローバー
アルバム「ハチミツ」より
とにかくメロディが綺麗。ライブで聴いてみたいです。

10. 虹を越えて
アルバム「インディゴ地平線」より
こういうブルージーな曲に弱いんです、僕(笑)。


初期の頃の曲が多いですね。
最近のもイイ曲はたくさんありますよ。

この10曲 斉藤和義

すっかりご無沙汰のこの10曲。今回はせっちゃんです。


01. I Love Me
アルバム「I♡ME」より
とにかくカッコいいのです。

02. 透明の翼
アルバム「NOWHERE LAND」より
イントロがカッコいい。もちろん曲もいいです。

03. 砂漠に赤い花
アルバム「FIRE DOG」より
こういう曲、歌えるミュージシャンってなかなかいないんじゃないかな。

04. déjà vu
アルバム「WONDERFUL FISH」より
ただ美しいの一言。

05. COME ON!
アルバム「月が昇れば」より
全部に言えることですが、カッコいいのです。

06. 大丈夫
アルバム「FIRE DOG」より
落ち込んでる時に聴くと前向きになれます。

07. ワンモアタイム
アルバム「斉藤」より
ライブで聴いたら盛り上がるでしょう。

08. 彼女
アルバム「素敵な匂いの世界」より
メロディラインが美しくて好きです。

09. ロケット
アルバム「35 STONES」より
意味深な歌詞に、思わずニヤリです(笑)。

10. Cheap & Deep
アルバム「和義」より
最新アルバムからランクイン。これもカッコいいです。


苦労して選びに選んだ10曲。本当は20位くらい選べそうです。

この10曲 BAN BAN BAZAR

この10曲、第14回目はバンバンバザールです。
バンバンの音楽と出逢って、もう5年になります。


01. ダンディー
アルバム「Gentleman」より
バンバンの曲で一番好き。コーラスワークも最高だし、
どこかバート・バカラック風なメロディが素敵です。

02. ジェットストリーム
アルバム「十」より
生で聴いたことは数回しかないです。
滅多に歌わない名曲。

03. FREE
アルバム「Suge Ban Ba!!」より
歌詞だけを取り上げてあぁだこうだ言うのは趣旨じゃないんですが、
この曲の持ってるスピリットみたいなものが好きです。

04. レ・ザデュー
アルバム「十」より
富永サンのギターの色っぽい音色に聴き惚れます。
金子マリさんとのデュエットもいいです。

05. 恋はねずみ色
アルバム「十」より
別のアルバム「夏はあきらめた」にも収録されてますが、
こちらのバージョンのほうが格段に素晴らしいです。やっぱりブラスはカッコいい!

06. ブルーシャドウ
アルバム「SIDE B」より
最新アルバムからランクイン。
こういう雰囲気の曲、バンバンにはピッタリです。
ジャジーなピアノが何とも言えません。

07. ちょっとだけブギ
アルバム「十」より
この曲を聴くと、アドレナリンが上がります。
ブラスサウンドの力は大きいです。

08. ロックンロール
アルバム「Gentleman」より
タイトルはロックンロールでも、サウンドはカントリーです。
そのギャップがバンバンの持ち味です。

09. 9月の小雨
アルバム「Suge Ban Ba!!」より
しっとりしたナンバー。
9月の、少し涼しくなってきた頃に聴くとピッタリです。

10. 情熱のありか
アルバム「SIDE B」より
ニュー・アルバムに収録されていますが、数年前からライブで歌われてます。
NHKの番組のテーマ曲。とてもいいです。


バンバンの魅力は何と言っても、
ジャズやロックやポップスなど、何を歌ってもマッチする福島サンの声です。

この10曲 epo

この10曲、第13回目はepoです。
epoの声は、小野リサさんの次に好きです。
彼女の声にはヒーリング効果があります。


01. チアーガール
アルバム「Goodies」より
epoの曲で一番好き。とても気持ちいいメロディ。
巧みな構成の曲です。

02. ななつちがい
アルバム「VOICE OF OOPARTS」より
もとはHi-Fi SETに書いた曲を、自身でカバーしてます。
これも大好きな曲。1位にしてもいいくらい。

03. 三番目の幸せ
アルバム「POPTRACKS」より
これも1位でもいいくらい好きな曲ですね。

04. Middle Twenties
アルバム「GO GO EPO」より
アップテンポのイカしたナンバー。でも歌詞はせつないです。

05. 渚のモニュメント
アルバム「PUMP! PUMP!」より
CMでよく流れたので、知ってる方も多いと思います。
♪毎日生まれの私~ って曲です。

06. 百年の孤独
アルバム「WICA」より
一時期、毎日のように聴いてました。

07. 雨のケンネル通り
アルバム「Goodies」より
ター坊とのコーラス・ワークが素敵です。

08. 夜の寝息
アルバム「う・わ・さ・に・な・り・た・い」より
気怠い感じの、まったりとしたナンバーです。

09. 逆さ時計が欲しい
アルバム「JOEPO~1981KHz」より
epoの声の美しさが際立つ1曲。

10. GOODIES
アルバム「Goodies」より
達郎、ター坊など、一流ミュージシャン達が参加している初期の名曲。


epoのような才能のあるミュージシャンが今でも活躍してくれてるのは、
ファンとしては嬉しい限りです。

この10曲 熊谷幸子

この10曲、第12回目はクマサチこと熊谷幸子です。
一般的にはあまり馴染みがないかもしれませんが、
フジテレビのドラマ「夏子の酒」の主題歌を歌ってた人といえば分かるでしょうか。
松任谷正隆氏が主宰する音楽学校の卒業生で、
「第2のユーミンの本命はこの人!」と言われていた逸材です。
現在は活動休止中です。


01. Shadows and Lights
アルバム「虹の彼方に~Far beyond the rainbow」より
詞、メロディ、アレンジ、どれをとっても一級品。
クマサチの曲ではこれが一番。

02. YOU
マキシシングル「Bahia~バイーア~」より
一度聴いたら忘れられない、名バラード。

03. 恋の黙示録
アルバム「Poison Kiss」より
正直、これを1位にしようかとも思いました。それくらい出色の出来。

04. 恋の色
アルバム「ART OF DREAMS」より
初めてクマサチを知った曲。多摩川の土手あたりで夕暮れに聴きたい曲です。

05. VOCE E EU ♯2
マキシシングル「YOU AND I」より
巧妙に張られた罠にかかったような、聴き応えのある曲。

06. おはよう、ファニーガール
アルバム「Good Morning, Funny Girl」より
元気が出る失恋応援ソング。

07. レインダンス
アルバム「ART OF DREAMS」より
聴く者をあっと言わせる作曲法に脱帽です。

08. MAKUNAGI
アルバム「虹の彼方に~Far beyond the rainbow」より
ハラハラと桜の花びらが舞う風景にぴったりの曲。

09. 未来はきみのもの
アルバム「ART OF DREAMS」より
アップ・テンポの軽快な曲。これもチョー元気が出ます。

10. 風と雲と私
アルバム「Poison Kiss」より
何か辛いことがあった時、この曲を聴くと前向きになれます。
これが「夏子の酒」の主題歌です。


とにかく、この人の書く曲は先の展開が読めないものが多いのです。
聴けば聴くほど、その深さに魅了されます。
プロフィール

マサル

Author:マサル
Welcome to my blog!!

FC2カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プチ月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
このページのトップへ