FC2ブログ

チラリズム

DYDCT? Blu-ray 単品

今日は、
20th Anniversary DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2009 “ドリしてます?”
フラゲの日です。

朝一で山野楽器に行って、DVD<初回限定版>とブルーレイの両方を買ってきました。
山野楽器で買った方は保存版にするので、まだ封を開けてません。
Amazonで注文した「普段観る用」は明日届くそうなので、先にブルーレイをお披露目。

3枚揃ったショットは、明日載せます。

秋の香り

キンモクセイ

春が沈丁花なら、秋は金木犀。
金木犀の花って、こんな可愛い形してたんですね。

20周年の「その先へ」

『COUNTDOWN TO bayfm 20th Anniversary ~Legend 3days~
DREAMS COME TRUE 中村正人の「その先へ」』の公開録音に行ってきました。

座席は招待状が入っていた封筒に書かれた整理番号順に、
クジ引きで決まるというものでした。僕は8列目。近かったです。

収録は19:00ピッタリにスタート。
司会の門脇知子さんが番組の説明をした後、ホール内が暗くなって、
正面のスクリーンに「その先へ」のPVフル・バージョンが流れました。
真っ暗の中、大きい画面で観る「その先へ」のPV。
美和ちゃんが目の前で歌ってくれてるようで、ちょっと泣きそうになりました。

その後、ゲストが登場。
まず「その先へ」でコラボしているFUZZY CONTROLの3人。
続いてLOVE。近くで見るとスタイル抜群。体の半分以上が脚でした。
最後にマサさんが登場。場内割れんばかりの拍手。

しばらくトークがあった後、
本邦初公開の「その先へ」PVのメイキング映像を上映。

ライブもありました。
FUZZY CONTROLとLOVEが2曲ずつ披露。
LOVE、昨年のWF2008で初めて観た時はよく分からなかったけど、
今日はすごくよかったです。カッコよかった。

で、ここでサプライズが。
10月1日のマサさんの誕生日をこの場で祝ってしまおうということで、
ベースの形をしたケーキが出てきました。
局の演出で「HAPPY HAPPY BIRTHDAY」を流す予定だったのが、
お客さんが先に歌い出したので、曲はカットされました(笑)。
マサさん、ちょっと照れていたようでした。

番組も終盤。
マサさんと門脇さんのトークコーナー。
ジョークを交えつつ、これからも音楽を届けたいという真面目な話も。

最後は出演者が舞台に勢揃い。
マサさんが「吉田美和が、皆さんにくれぐれもよろしくと言ってました」と挨拶。
この収録の模様は9月22日・15:00からbayfmでオンエアされます。

収録の後、CDの即売会があるというので
LOVEのCDを買おうと思って並んでいたら、売り切れに。
なので、ファジコンのCDを買ってサインしてもらいました。
LOVEはチラシにサインしてくれました。いい人だぁ。

年末のWF2009も楽しみです。

ファンクラブあれこれ

僕は今、5組のミュージシャンのファンクラブに入ってます。
頭文字だけ書きます(分かる人には分かるハズ)。

・D
・S
・Y
・B
・K

ちょっと入りすぎかなぁ。
「D」は絶対に退会するつもりはないし、「S」は入会したばっかりだし。
「Y」は年会費が高いので、更新するかどうか考え中。

ファンクラブをやめたからファンじゃないってわけでもないもんね。
2つくらい減らそうかな・・・。


ファンクラブ振込用紙

忘れちゃダメヨ しっかり継続。

ウルヴァリン:X-MEN ZERO

ウルヴァリン:X-MEN ZERO

監督:ギャヴィン・フッド
出演:ヒュー・ジャックマン、ライアン・レイノルズ、リーヴ・シュレイバー、
   ドミニク・モナハン、リン・コリンズ、ダニー・ヒューストン

アメコミ「X-MEN」でも人気のキャラ、ウルヴァリン。
その誕生の秘密を描いたシリーズのスピン・オフです。公開を楽しみにしてました。

<ストーリー>
幼少時代に驚異的な能力が覚醒して以来、人としての幸せを捨て、
幾多の戦争の中に身を投じて生きてきたローガン。
ケイラという女性と出会い、初めて人間として生きる喜びを知る。
だが、ある日彼女はローガンの兄・ヴィクターに殺されてしまう。
兄を倒すため謎の巨大組織と取引したローガンは最強の戦士となるべく、
地上最硬の超金属アダマンチウムを全身の骨に移植する改造手術をうけ、
ウルヴァリンという名の人間兵器に生まれ変わる。
獣のような闘争本能と人間としての心の間で葛藤するローガンと、
野獣と化したヴィクターとの複雑な関係。
巨大秘密組織が仕掛けた恐るべき陰謀と、ウルヴァリンの記憶を失わせた裏切り。
最も過激なヒーローの誕生と、復讐の物語が初めて明かされる。


<感想>
僕はアメコミはあまり読まないほうなんですが、
「スパイダーマン」とこの「X-MEN」は、あくまで「映画」として好きです。
前3作と比較してもアクションのスケールがアップしていて、面白かったです。
過去の作品を観てなくても十分楽しめるし、むしろこちらを観た後に
シリーズを観たほうが「X-MEN」の世界に浸れると思います。
続編は東京が舞台だという噂がありますが・・・やめたほうがいいと思うなぁ。

ワールド・トレード・センター

ワールド・トレード・センター

監督:オリヴァー・ストーン
出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール、
   マリア・ベロ、スティーヴン・ドーフ、マイケル・シャノン

今日は9月11日。あの日から8年です。
地上波初登場ということで、観ました。

<ストーリー>
2001年9月11日、全世界がTV画面に釘付けになった、あの日。
アメリカ同時多発テロの標的となったワールド・トレード・センターの地下で、
逃げ惑う人々を必死に誘導する男たちがいた。
港湾警察官のジョン・マクローリンとウィル・ヒメノのふたりもその中に。
しかし次の瞬間、ビルは崩落し、ふたりは地中深くに閉じ込められてしまう。
極限状況の中、彼らに何が起きたのか? 
ふたりは互いに励ましあって、愛する家族のために
最後まで決して希望を捨てずに困難に立ち向かっていく。


<感想>
あまりに悲惨な出来事だけに、軽々しく映画にしてほしくなかったです。
キツい言い方ですが、ただの「お涙頂戴映画」にしかみえません。
テロリストに対する怒りや、被害にあった人々の叫びが聞こえてこない。
“あの瞬間”をテレビとはいえ、リアルタイムで観ていた者にはただの作り物です。
これを作ったオリヴァー・ストーンの真意が分かりません。

秋の初めの

ひつじ雲

ひつじ雲。

招待状

今日、家のポストにこんな封筒が届きました。

招待状1

ふーむ。bayfmから・・・・・ん!?もしかして??


開けてみると。



招待状2

公開録音当選のお知らせでした!

ある一日

2009年9月7日の空

お天気いい日。気持ちいい一日でした。
ゆく夏を惜しむように、セミたちも精一杯鳴いていました。


♪学校の坂道の下のバス停 まだ夏服着てた
 いっしょに帰った9月の蝉しぐれ

 哀しい なきやんでしまわないで
 ああ 一途な面影よ
 深みどりがまたひと刷毛 薄れるみたい

 おしえて 大人になるっていうのは
 もう 平気になる心
 死にたい程傷ついても なつかしいこと

「9月の蝉しぐれ」by Yuming

突然の贈り物

今日はSuperflyのチケット発売日でした。
しかし・・・どこも玉砕。人気ありますねぇ。

意気消沈しつつ、しばらく郵便受けをのぞいてなかったなぁと思って見に行ったら、
マイミクのSさんからの郵便物が届いてました。

お願いしてあるユーミン@WOWOW(←おいっ)には早いし、何だろう?
そう思って封を開けると、入っていたのは・・・


Superfly LIVE DVD from Mr.S

Superflyのライブを収録したDVDでした。
何というシンクロ。ホントに・・・Sさんの優しさには頭が下がります。
いくら感謝しても足りないくらいです。ありがとう~、Sさん!
プロフィール

マサル

Author:マサル
Welcome to my blog!!

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プチ月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
このページのトップへ