FC2ブログ

3月も終わり

今日で3月も終わりです。ここ数日、寒さが続いています。
とても3月とは思えないです。早く暖かくなってほしいですね。


てんとう虫

ASIA

僕の大好きな小野リサさんが、アジアをテーマにしたアルバムをリリース。
1999年以来、「音楽の旅」というテーマで、ジャズ、ハワイアン、
カンツォーネ、シャンソン、ラテン、ソウルなどなど、
様々な国の、様々なジャンルの名曲をボサノヴァ風にアレンジして発表してきました。
世界を巡った「音楽の旅」が、今回ついにアジアに辿り着きます。


ASIA/小野リサ
ASIA / 小野リサ

01. 何日君再来 / ホウ・リイ・チュン・ツァイ・ライ(中国)
02. Olu Pipila / オール・ピピラ(スリランカ)
03. Saichon / サイチョン(タイ)
04. Dahil Sa Iyo / ダヒル・サヨ(フィリピン)
05. Rasa Sayang / ラサ・サヤン(マレーシア)
06. 夜来香 / イエライシャン(中国)
07. Arirang / アリラン(韓国)
08. Vande Mataram / ヴァンデ・マタラム(インド)
09. Bengawan Solo / ブンガワン・ソロ(インドネシア)
10. Buuvein Duu / ボーウェン・ドォ(モンゴル)

メガネ

僕の周りで、メガネをかけ始めた人が増殖中。
それも老眼です。つい先日会った高校時代の友人も、
「とうとう眼にきちゃってさぁ~」と、こぼしておりました。

僕はおかげさまで視力はいいほうです。歯も丈夫。未だに虫歯ナシ。
もし視力がおちたらメガネがいいか、それともコンタクトにするか。
コンタクトって装着する時、怖そうだもんな。ブルブル~。
でもメガネは耳のあたりが痛くなりそうだし。
「アバター」を観た時も、長時間3Dメガネをかけてたら気分悪くなりました。

健康第一ですな。特に、歯は大切にしましょう。
8020運動、推進中。

M:i:III

ミッション・インポッシブル3

監督:J. J. エイブラムス
出演:トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ヴィング・レイムス、
   ローレンス・フィッシュバーン、ミシェル・モナハン

人気シリーズ第3弾。テレビで観ました。
「スター・トレック」のJ. J. エイブラムスがメガホンをとりました。

<ストーリー>
スパイを引退したイーサン・ハントは教官となり、
婚約者のジュリアと幸せな日々を過ごしていた。
しかし教え子リンジーの危機を知らされた彼は、現場に復帰。
リンジーの救出作戦に参加するが、彼女は頭に仕掛けられた爆弾で死んでしまう。
その後、一連の事件の裏に闇商人デイヴィアンがいることを知ったイーサンのチームは、
デイヴィアンを秘密裏に確保すべく、一路ヴァチカンへと向かうのだった。


<感想>
1作目がすごく面白くて、2作目は駄作。
で、この3作目は・・・劇場でも観たんですが、
改めて観るとまずまずの出来ではないかと思います。
J. J. エイブラムスらしく、アクションのシーンが冴えています。
ただフィリップ・シーモア・ホフマンの死に方がセコい(笑)。
もうちょっと戦ってほしかったですね。

ディープインパクト

ディープインパクト

監督:ミミ・レダー
出演:モーガン・フリーマン、イライジャ・ウッド、ティア・レオーニ、
   ロバート・デュヴァル、ヴァネッサ・レッドグレーヴ

スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮のパニック大作。
テレビで放送されたので、観ました。

<ストーリー>
ホワイトハウスの女性スキャンダルを追っていたテレビ局のジェニーは、
「エリー」という名に行き当たる。だがそれは女性の名ではなく、
「Extinction Level Event(種の絶滅を引き起こす事象)」の略だった。
大統領は、1年後に未知の彗星が地球に衝突する可能性があることを公表。
これを阻止すべく彗星を核爆発させて軌道を修正する計画が実行されたが、結果は失敗。
衝突が刻一刻と迫る中、ついに大統領は選ばれた100万人だけを
巨大なシェルターへ移住させる計画を発表するのだった。


<感想>
まぁ「2012」なんかと変わらない作品なんですが、
ちゃんと主人公に犠牲者が出たりするのが、他の作品と違うところでしょうか。
スピルバーグが製作なだけに、そういう部分はよしとしましょう。
モーガン・フリーマンやヴァネッサ・レッドグレーヴなど、
名優が出ているのも見応えがありました。

ナビィの恋

ナビィの恋

監督:中江裕司
出演:西田尚美、平良とみ、登川誠仁、平良進、
   村上淳、津波信一、嘉手苅林昌、大城美佐子

「ホテル・ハイビスカス」の中江裕司監督作です。

<ストーリー>
祖父母の暮らす沖縄・粟国島に里帰りした奈々子は、
幼馴染みのケンジが操縦する連絡船の中で、白いスーツの老紳士の姿を見かける。
おばぁのナビィとオジィの恵達に迎えられた奈々子は東金城家へ滞在することに。
奈々子が見かけた老紳士、実はナビィの昔の恋人・サンラーだった。
島から追放されたサンラーが戻ってきたことで、東金城家は大騒ぎに・・・。


<感想>
本当に楽しくて、よく出来てる映画です。
沖縄を舞台にした作品では一番好きかもしれません。
ミュージカル仕立てになってるのも素敵です。島に行きたくなっちゃった。

渡名喜島

渡名喜島1
渡名喜島


渡名喜島2
島からの眺め


先日、沖縄・渡名喜島出身の方と知り合いになりました。
初めて聞く名前の島です。形が与那国島に似てますね。
まだまだ行ったことのない、知らない島がたくさん。

卒業式の想い出

卒業式のシーズンですね。
自分の卒業式を振り返ってみると、中学の時が最も想い出深いです。
一番泣いた卒業式でした。
小学校から中学は同じ町内で同じ学校に進学するわけで、
クラスは違っても会えるからいいけど、高校はみんなバラバラになる。
それが悲しくて寂しくて、号泣したのを覚えています。
今頃みんなどうしてるんだろう。会いたいな。



♪会いたいわ 昔にもどって みんなに humm

 ああ 時はさざ波 私達を
 離ればなれ 遠い島へ運ぶ
 ああ 舟につながれ 旅をしても
 まだすっぱいパイナップルでいたい

「灼けたアイドル」by YUMING

サクラサク

東京で桜の開花宣言が出ました。
今週末~来週あたり、お花見でしょうかね。


桜・2010

ブンブンブン~、ハチが飛ぶ。

NINE ナイン

NINE ナイン

監督:ロブ・マーシャル
出演:ダニエル・デイ=ルイス、ペネロペ・クルス、マリオン・コティヤール、
   ニコール・キッドマン、ジュディ・デンチ、ソフィア・ローレン

フェリーニの傑作「8 1/2」から着想を得たミュージカルの映画化です。
「シカゴ」のロブ・マーシャルがメガホンをとりました。

<ストーリー>
1964年・イタリア。
世界的に有名な映画監督のグイドは新作映画の撮影に取りかかろうとしていた。
しかし撮影を10日後に控えているのに、スタッフはおろか、
プロデューサーすらタイトル以外は何も知らされていない状況。
追い詰められたグイドは自分の幻想世界に逃げ出してしまう。


<感想>
うーん・・・微妙ですねぇ。
舞台版を観てないので比較は出来ませんが、ちょっと期待しすぎたかな。
「シカゴ」があまりにも素晴らしかったから、どうしても比べてしまいます。
女優たちは頑張っていたと思います。特にペネロペ・クルスは圧巻!
唯一、オスカーノミネートされただけのことはあります。
ロブ・マーシャル、次回作に期待ってところです。
プロフィール

マサル

Author:マサル
Welcome to my blog!!

FC2カウンター
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プチ月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
このページのトップへ