FC2ブログ

第83回アカデミー賞発表

第83回アカデミー賞

第83回アカデミー賞が発表になりました。
主な受賞作と受賞者は以下の通り。


最優秀作品賞
『英国王のスピーチ』

最優秀監督賞
トム・フーパー『英国王のスピーチ』

最優秀主演男優賞
コリン・ファース『英国王のスピーチ』

最優秀主演女優賞
ナタリー・ポートマン『ブラック・スワン』

最優秀助演男優賞
クリスチャン・ベイル『ザ・ファイター』

最優秀助演女優賞
メリッサ・レオ『ザ・ファイター』


僕の予想は監督賞以外は当たりましたが・・・。
アカデミー会員はデイヴィッド・フィンチャーが嫌いなんでしょうか?
今年はイケると思ったんだけどなぁ。


オスカー受賞者2011

オスカー・ウィナーの面々。おめでとう!

アカデミー賞を予想する

いよいよ日本時間の28日にせまった第83回アカデミー賞授賞式。
僕の独断で予想してみましょう。今年もマイミクのSさんと勝負です!
Sさんのブログ、サモやんの♪ON THE ROADと比べてみてください。


ジェームズ・フランコ&アン・ハサウェイ

今年の司会はこの2人、ジェームズ・フランコ&アン・ハサウェイ。



作品賞
『ソーシャル・ネットワーク』
『英国王のスピーチ』
『インセプション』
『ブラック・スワン』
『ザ・ファイター』
『キッズ・オールライト』
『トゥルー・グリット』
『トイ・ストーリー3』
『127時間』
『WINTER'S BONE(原題)』
うーん・・・、「ソーシャル・ネットワーク」に獲ってほしいけど、
「英国王のスピーチ」にしておきます。アカデミー会員が好きそうな作品だもん。



監督賞
デイヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン『トゥルー・グリット』
デイヴィッド・O・ラッセル『ザ・ファイター』
トム・フーパー『英国王のスピーチ』
ダーレン・アロノフスキー『ブラック・スワン』
今回、作品と監督は別々になるような気がします。
これまでの実績も含めて、デイヴィッド・フィンチャーに。



主演男優賞
コリン・ファース『英国王のスピーチ』
ハヴィエル・バルデム『BIUTIFUL(原題)』
ジェフ・ブリッジス『トゥルー・グリット』
ジェシー・アイゼンバーグ『ソーシャル・ネットワーク』
ジェームズ・フランコ『127時間』
個人的にはジェシー君にあげたいけど、ここは手堅くコリン・ファース。


主演女優賞
ナタリー・ポートマン『ブラック・スワン』
アネット・ベニング『キッズ・オールライト』
ジェニファー・ローレンス『WINTER'S BONE(原題)』
ニコール・キッドマン『RABBIT HOLE(原題)』
ミシェル・ウィリアムズ『ブルーバレンタイン』
今回、一番の大激戦のこの部門。
ナタリー・ポートマンとアネット・ベニングの一騎打ちでしょう。
どちらが獲ってもおかしくないけど、ここはナタリー・ポートマンにします。



助演男優賞
マーク・ラファロ『キッズ・オールライト』
ジェフリー・ラッシュ『英国王のスピーチ』
クリスチャン・ベイル『ザ・ファイター』
ジェレミー・レナー『ザ・タウン』
ジョン・ホークス『WINTER'S BONE(原題)』
前哨戦をほとんど制しているクリスチャン・ベイルで。


助演女優賞
ヘレナ・ボナム=カーター『英国王のスピーチ』
エイミー・アダムス『ザ・ファイター』
メリッサ・レオ『ザ・ファイター』
ヘイリー・スタインフェルド『トゥルー・グリット』
ジャッキー・ウィーヴァー『ANIMAL KINGDOM(原題)』
ヘレナ・ボナム=カーターも素晴らしいけど、
ここはメリッサ・レオで。



さてさて、いくつ当たるでしょうか?


ジェシー・アイゼンバーグ2

ジェシー・アイゼンバーグ1

ジェシー君、応援してるからね~(^o^)/

勢揃い

主演女優賞2011

今年のアカデミー主演女優賞候補の面々です。
左から、ナタリー・ポートマン、ミシェル・ウィリアムズ、ジェニファー・ローレンス、
ニコール・キッドマン、アネット・ベニング。
栄冠を手にするのは、いったい誰でしょう??

デンジャラス・ビューティー

デンジャラス・ビューティー

監督:ドナルド・ペトリ
出演:サンドラ・ブロック、マイケル・ケイン、ベンジャミン・ブラット、
   ウィリアム・シャトナー、アーニー・ハドソン、キャンディス・バーゲン

サンドラ・ブロック主演のアクション・コメディ。
テレビで放送されたので観ました。

<ストーリー>
グレイシーはやり手のFBI捜査官。荒々しい捜査で同僚に怪我を負わせてしまうほど。
デスクワークを命じられ意気消沈してたある日、彼女に大仕事が舞い込む。
それは連続爆弾魔から爆破予告のあったミス・アメリカ・コンテストに潜入すること。
女を捨てて生きてきたグレイシーは美しくなるため、
プロの美容コンサルタント、ヴィクターの厳しい特訓を受ける。


<感想>
まぁ、可もなく不可もなくといった感じですね。
サンドラ・ブロックの魅力がよく出てると思います。
名優マイケル・ケインが出演してるのにはビックリでした。

本を読む

最近、ぜんぜん本を読んでないですねぇ。
僕の場合、お金を払って読む作家はただ一人、森雅裕さんだけなのです。
芥川賞だの直木賞だのを受賞したとか、世間でベストセラーになってるからとか、
そんな理由で読まないのです。「1Q84」「KAGEROU」、それ何?って感じ。

いい本との出逢いって、まず表紙で決まりますね。
森さんの作品との最初の出逢いは「椿姫を見ませんか」でした。
表紙を見て「これは面白そうだ!」って思いました。
買って読んだら、やっぱり面白かったです。

あー、何か面白い本ないかなぁ?

ミザリー

ミザリー

監督:ロブ・ライナー
出演:ジェームズ・カーン、キャシー・ベイツ、リチャード・ファーンズワース、
   フランシス・スターンヘイゲン、ローレン・バコール

キャシー・ベイツがオスカーを受賞したサスペンス・スリラー。
テレビで放送されたので観ました。

<ストーリー>
「ミザリー」シリーズで有名な人気作家のポールは雪道で事故に遭い、
瀕死の状態を元看護婦のアニーに救われる。
ポールの小説の熱狂的愛読者だった彼女は、彼を手厚く介護する。
だが、新作「ミザリーの娘」でヒロインが死んだことを知り逆上した彼女は、
ポールに心理的・肉体的拷問を加え始める。


<感想>
怖い、怖いですねぇ。何たってキャシー・ベイツが怖いっ。
ジェームズ・カーンをベッドに縛り付けてハンマーで足を・・・。
うぅ~、これ以上はもう怖くて書けません。
「羊たちの沈黙」と並ぶ名作スリラーですね。よくできてます。

アドベンチャーランドへようこそ

アドベンチャーランドへようこそ

監督:グレッグ・モットーラ
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュアート、ライアン・レイノルズ、
   マーティン・スター、ビル・ヘイダー、クリステン・ウィグ

「ソーシャル・ネットワーク」で一躍時の人になった、
ジェシー・アイゼンバーグ主演作。DVDをレンタルして観ました。

<ストーリー>
1987年、夏。大学で文学専攻のオタクでさえないジェームズは大学院進学を控え、
最後の夏休みを憧れのヨーロッパで過ごす予定だった。
しかし、父親が減給されたことにより旅行はキャンセルされてしまい、
さらには学費の一部も自分で負担することに。
困ったジェームズは夏休みのアルバイトを探すが、なかなか良いバイトは見つからず、
唯一決まったのは地元のさびれた遊園地、アドベンチャーランドでのアルバイト。
長時間労働で低賃金、夢見ていたヨーロッパ旅行とは程遠い最悪の夏に思えたが、
バイト仲間との新たな友情、そしてそこで出会ったエムとの恋のおかげで、
お金を稼ぐためだけだったはずのアルバイトが、ジェームズの夏に波乱を起こす。


<感想>
青春ラブ・ストーリーといった感じでしょうか。
随所に流れる80'sのヒット・ナンバーも懐かしいです。
「ソーシャル・ネットワーク」同様、本作でもオタクなジェシー君ですが(笑)、
この映画ではちゃんと恋愛模様も描かれていて、なかなかよかったです。
ジェシー君の彼女役のクリステン・スチュアートって、どっかで観たなぁと思ったら
「トワイライト」シリーズに出てる女優でしたね。印象薄いっ。

アイアンマン

アイアンマン1

監督:ジョン・ファヴロー
出演:ロバート・ダウニー・Jr.、グウィネス・パルトロー、ジェフ・ブリッジス、
   テレンス・ハワード、ショーン・トーブ、レスリー・ビブ

大人気アメコミの1作目です。
DVDで観ました。

<ストーリー>
ある紛争地域で自社兵器のデモ実験に参加したトニーは、テロ組織に拉致されてしまう。
捕虜となった彼は、組織のために最強兵器の開発を余儀なくされる。
だがトニーは敵の目を盗み、装着すると圧倒的な破壊力とパワーを発揮できる、
戦闘用パワードスーツを完成させ、脱出に成功する。
奇跡的に生還したトニーだったが、自らが社長を務める会社が開発した兵器が
テロ組織に使用されている事実を知り、ショックを受ける。
それを償うためトニーは、助かった自らの命をテロ撲滅に捧げること決断する。
そして新たなパワードスーツを完成させた。
それは、腕からのミサイル攻撃が可能な戦闘力、そして戦闘機より優れた飛行性能を持つ、
究極のパワード・スーツ、アイアンマンだった。


<感想>
もっと子供騙しな内容かと思ってましたが、意外にしっかり作ってありました。
ロバート・ダウニー・Jr.は、この役にピッタリですね。
ジェフ・ブリッジスが珍しく悪役を演じているのもよかったです。
でも僕は、こういうメカっぽいキャラクターは苦手です。
スパイダーマンやバットマンのような、もっと人間味溢れるヒーローが好き。
「アベンジャーズ」にも登場するコールソンが出て来て思わずニヤリでした。

SHOWBIZ COUNTDOWN

SHOWBIZ COUNTDOWN

毎週日曜日の深夜に放送している「SHOWBIZ COUNTDOWN」。
全米の映画興行成績や、最新のエンタメ情報をお送りしてます。
データ的にちょっとタイムラグがあるんだけど(笑)、
一足早く日本未公開の作品の予告編が観られるのです。
今夜はアカデミー賞特集です。

TSUTAYAがあった!

家の近所にTSUTAYAがあることが判明。
これで好きなだけDVDを借りて観ることができま~す(^o^)/
プロフィール

マサル

Author:マサル
Welcome to my blog!!

FC2カウンター
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プチ月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
このページのトップへ