FC2ブログ

2月のまとめ

<観た映画>
「マエストロ!」
「はじまりのうた」
「フォックスキャッチャー」
「アメリカン・スナイパー」
「Mr.Children REFLECTION -LIVE FILM-」

<行ったライブ>
浜端ヨウヘイ@タワーレコード渋谷店

沖縄

沖縄

沖縄行きたい〜!

買いました

スピッツCD

スピッツの最新アルバムを買いました。最新と言っても2013年の作品ですけど。
まだ完全限定生産盤が残っていてラッキー♪

Mr.Children REFLECTION -LIVE FILM-

ミスチル

Mr.Childrenのライブ映画を観てきました。3週間の限定公開だというので。
ほとんど知らない曲ばかりだったんですけど、それなりに楽しめました。
4Kの映像だから、すごく綺麗でした。


ミスチル

スピッツ

ミスチルとスピッツって、何かと比較されますよね。
ちなみに僕が好きなのは・・・(笑)。

ファンクラブ会報

ファンクラブの会報って、じっくり読んだりしないんですよね。
かさばってしょうがないです。

第87回アカデミー賞発表

アカデミー賞

今年のアカデミー賞が発表されました。
主な受賞作と受賞者は以下の通りです。


最優秀作品賞
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

最優秀監督賞
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

最優秀主演男優賞
エディ・レッドメイン『博士と彼女のセオリー』

最優秀主演女優賞
ジュリアン・ムーア『アリスのままで』

最優秀助演男優賞
J・K・シモンズ『セッション』

最優秀助演女優賞
パトリシア・アークェット『6才のボクが、大人になるまで。』


作品賞、監督賞をハズしました〜。

アカデミー賞を予想する

いよいよ明日(日本時間)にせまったアカデミー賞。
僕なりに予想してみます。


作品賞
『アメリカン・スナイパー』
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
『6才のボクが、大人になるまで。』
『グランド・ブダペスト・ホテル』
『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』
『Selma(原題)』
『博士と彼女のセオリー』
『セッション』
作品としては好きじゃないけど、「6才のボクが、大人になるまで。」で。


監督賞
ウェス・アンダーソン『グランド・ブダペスト・ホテル』
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
リチャード・リンクレイター『6才のボクが、大人になるまで。』
ベネット・ミラー『フォックスキャッチャー』
モルテン・ティルドゥム『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』
ここもリチャード・リンクレイターで。


主演男優賞
スティーヴ・カレル『フォックスキャッチャー』
ブラッドリー・クーパー『アメリカン・スナイパー』
ベネディクト・カンバーバッチ『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』
マイケル・キートン『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
エディ・レッドメイン『博士と彼女のセオリー』
前哨戦のゴールデングローブ賞を制したエディ・レッドメインで。


主演女優賞
マリオン・コティヤール『サンドラの週末』
フェリシティ・ジョーンズ『博士と彼女のセオリー』
ジュリアン・ムーア『アリスのままで』
ロザムンド・パイク『ゴーン・ガール』
リース・ウィザースプーン『Wild(原題)』
ジュリアン・ムーアとロザムンド・パイクの一騎打ちという感じですが、
そろそろジュリアン・ムーアにあげてほしいです。



助演男優賞
ロバート・デュヴァル『ジャッジ 裁かれる判事』
イーサン・ホーク『6才のボクが、大人になるまで。』
エドワード・ノートン『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
マーク・ラファロ『フォックスキャッチャー』
J・K・シモンズ『セッション』
一番地味なこの部門。J・K・シモンズにしておきます。


助演女優賞
パトリシア・アークェット『6才のボクが、大人になるまで。』
ローラ・ダーン『Wild(原題)』
キーラ・ナイトレイ『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』
エマ・ストーン『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
メリル・ストリープ『イントゥ・ザ・ウッズ』
文句なし、パトリシア・アークェットでしょう。


こんな感じです。さて、いくつ当たるでしょう??

アメリカン・スナイパー

アメリカン・スナイパー

監督:クリント・イーストウッド
出演:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、
   ルーク・グライムス、ジェイク・マクドーマン

今年のオスカーで作品賞候補になってます。
さっそく観に行きました。

<ストーリー>
カイルは自身の狙撃の腕前で多くの同胞を救い、“レジェンド”の異名を持つ人物だった。
しかし、彼の腕前は敵も知るところとなり、やがてその首に賞金がかけられてしまう。
一方で、カイルはイラクでの活動の中、遠い戦地にいながらも故郷に置いてきた家族の良き夫、
良き父でありたいというジレンマを抱えていた。
だが、2003年から2009年まで、4回もの過酷な遠征を経験している彼は、
妻子の元へ戻っても戦争の傷を癒せずにいた・・・。


<感想>
もはや巨匠といってもいいイーストウッドの傑作です。
84歳になっても、こんなに緊張感たっぷりの作品を作れるなんて。
ブラッドリー・クーパーも名演でした。

予告編



スピッツの「スピッツ 横浜サンセット2013 -劇場版-」の予告編です。
全国、順次公開で東京は3月です。

今年もやります

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2015

今年も「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2015」が開催です。
「はいさいFESTA2015」とかぶってるなぁ。どっちに行こうかな。
プロフィール

マサル

Author:マサル
Welcome to my blog!!

FC2カウンター
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プチ月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
このページのトップへ