FC2ブログ

第88回アカデミー賞発表

アカデミー賞

第88回アカデミー賞が発表になりました。
主な受賞作と受賞者は以下の通り。


最優秀作品賞
『スポットライト 世紀のスクープ』

最優秀監督賞
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ『レヴェナント:蘇えりし者』

最優秀主演男優賞
レオナルド・ディカプリオ『レヴェナント:蘇えりし者』

最優秀主演女優賞
ブリー・ラーソン『ルーム』

最優秀助演男優賞
マーク・ライランス『ブリッジ・オブ・スパイ』

最優秀助演女優賞
アリシア・ヴィキャンデル『リリーのすべて』


監督賞だけハズしました〜。我ながらいい予想だったと思います。

レオナルド・ディカプリオ

レオ、本当におめでとう!

オスカー2016

アカデミー賞を予想する

いよいよ日本時間の明日にせまったアカデミー賞。
僕なりの予想をしてみたいと思います。


作品賞
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
『ブリッジ・オブ・スパイ』
『ブルックリン』
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
『オデッセイ』
『レヴェナント:蘇えりし者』
『ルーム』
『スポットライト 世紀のスクープ』
僕は『スポットライト 世紀のスクープ』にします。


監督賞
レニー・エイブラハムソン『ルーム』
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ『レヴェナント:蘇えりし者』
ジョージ・ミラー『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
アダム・マッケイ『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
トーマス・マッカーシー『スポットライト 世紀のスクープ』
一か八か、ここは御大ジョージ・ミラーで。


主演男優賞
ブライアン・クランストン『Trumbo(原題)』
マット・デイモン『オデッセイ』
レオナルド・ディカプリオ『レヴェナント:蘇えりし者』
マイケル・ファスベンダー『スティーブ・ジョブズ』
エディ・レッドメイン『リリーのすべて』
そろそろレオナルド・ディカプリオにあげてもいいでしょう。


主演女優賞
ケイト・ブランシェット『キャロル』
ブリー・ラーソン『ルーム』
ジェニファー・ローレンス『Joy(原題)』
シャーロット・ランプリング『さざなみ』
シアーシャ・ローナン『ブルックリン』
ブリー・ラーソンとシアーシャ・ローナンの一騎打ち。
ここはブリー・ラーソンで。



助演男優賞
クリスチャン・ベイル『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
トム・ハーディ『レヴェナント:蘇えりし者』
マーク・ラファロ『スポットライト 世紀のスクープ』
マーク・ライランス『ブリッジ・オブ・スパイ』
シルヴェスター・スタローン『クリード チャンプを継ぐ男』
スタローンに行く可能性もあるけど、一発大逆転マーク・ライランスで。


助演女優賞
ジェニファー・ジェイソン・リー『ヘイトフル・エイト』
ルーニー・マーラ『キャロル』
レイチェル・マクアダムス『スポットライト 世紀のスクープ』
アリシア・ヴィキャンデル『リリーのすべて』
ケイト・ウィンスレット『スティーブ・ジョブズ』
ほぼ総ナメにしているアリシア・ヴィキャンデルで。


レオナルド・ディカプリオ

今度こそオスカーとれるといいね!

スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズ

監督:ダニー・ボイル
出演:マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、
   セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ

マイケル・ファスベンダーがオスカーにノミネートされた作品。
アシュトン・カッチャー版とは違うスティーブ・ジョブズです。

<ストーリー>
常に既成の枠組みを打ち破り、理想を求め続けたスティーブ・ジョブズ。
人と違う考え方を貫き、周りの人全てを敵に回した“反逆児”が、
どうやって、世界中の人に愛されるデバイスを創ったのか。
シリコンバレーの寵児と呼ばれながらも繰り返される成功と挫折の狭間で、
彼は何を考え、何を想ったのか・・・。


<感想>
マイケル・ファスベンダーとケイト・ウィンスレットの演技合戦が見もの。
2人とも素晴らしかったです。
ケイト・ウィンスレットはこの作品でゴールデングローブ賞の助演女優賞を受賞してます。

綺麗

黒島

沖縄に行きたいっ!

届きました

馬場俊英

馬場さんの「blue coffee」「フクロウの唄」が届きました。

私を必要としてくれる人がいます

馬場俊英
私を必要としてくれる人がいます / 馬場俊英


馬場さんの、かなり前のシングルです。
「海を渡る風」「明日の旅人」のライブ・ヴァージョンが入ってるので買いました。

空へ

山崎まさよし
空へ / 山崎まさよし


秦くんの「ひまわりの約束」に続いて、まさやんもドラえもんの主題歌。
果たしてヒットするでしょうか。

風邪かな?

2、3日前から喉が痛いです。風邪ひいたかな?
インフルエンザじゃないといいけど。

青春映画が好きだった

馬場俊英

馬場さんの「青春映画が好きだった」初回盤を買いました。

この10曲 馬場俊英

この10曲、今回は馬場さんです。
20年分の曲があるのだから、選ぶのに苦労しました。


01. ウォーキング・マン
アルバム「鴨川」より
馬場さんの曲では、これが一番好き。

02. 明日の旅人
アルバム「延長戦を続ける大人たちへ」より
ベスト盤にライブ・ヴァージョンが収録されていますが、そっちのほうがいいですね。
いい曲すぎて涙が出そうになりました。

03. 鴨川
アルバム「鴨川」より
「ウォーキング・マン」と、どちらを1位にするか迷いました。

04. スニーカードリーマー
アルバム「HEARTBEAT RUSH」より
馬場さんらしい、爽やかな曲です。

05. 一瞬のトワイライト
アルバム「人生という名の列車」より
アレンジがとっても素敵です。

06. 海を渡る風
アルバム「延長戦を続ける大人たちへ」より
こういうカッコいい曲も好きです。

07. 青空
アルバム「馬場俊英 LP1~キャンディー工場」より
何気なく背中をそっと押してくれる曲ですね。

08. 今日も君が好き
アルバム「人生という名の列車」より
思わずキュンとなる曲。

09. 色褪せながら 輝きながら
アルバム「延長戦を続ける大人たちへ」より
好きなメロディラインの曲です。

10. 二十年後の恋
アルバム「延長戦を続ける大人たちへ」より
これも胸キュンな一曲。


まだまだいい曲がたくさんありましたが、とりあえずこの10曲で。
プロフィール

マサル

Author:マサル
Welcome to my blog!!

FC2カウンター
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プチ月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
このページのトップへ